眠れない時睡眠薬に頼らずに眠りたい

眠れない・・・眠れないと考えるともっと眠れない。

 

こんな悪循環に苦しんでおられますか?

 

こんな状態でも「睡眠薬だけ避けたい」と思っている人はたくさんいます。睡眠薬は肝臓に相当な負担をかけるだけでなく、依存症になりやすいので危険だからです。

 

睡眠薬を使わずによく眠れるようになりたいと思っている人はどうしたらいいのでしょうか?

 

今注目を浴びているのが自然の成分から抽出した安眠成分を体に満たし、体が睡眠を取りたいと思う状態に持っていく方法です。

 

例えば有名なところで、「北の大地の夢しずく」があります。人気商品オリゴ糖『カイテキオリゴ』を売り出している会社として有名な「北の快適工房」が出している商品ですが、アスパラガスから抽出した安眠効果のある成分を摂取することによって、眠りやすい身体作りをするという方法です。

 

睡眠薬のような即効性はないのですが、しばらく飲み続けると、眠りに導入しやすい身体になります。

 

北の大地の夢しずくが画期的な理由は、無数にある眠れない原因を対処するという方法ではなく、体の内部から眠りたくなる環境を整えるという点です。例えると、農薬を使ってあらゆる害虫を駆除する方法ではなく、肥沃な大地にたくさんの栄養分を注ぎ、作物を育てるイメージです。

 

副作用もなく、使っている方のほとんどが深い眠りができるようになったと効果を実感しているので、不眠で苦しんでいる人は一度試したらよい方法でしょう。

 

「安眠枕」というのも睡眠薬以外の対処法です。眠れない原因の多くは枕と関係があるというデータもありますので、これも試してみたい方法です。

 

他にも仕事で精神が疲れているときでもエレーベータを使わずに階段を使って帰宅するなど、「物理的に体を疲れさせる」ようにすると眠れるようになる人もいるようです。

 

ぜひ睡眠薬ではないいろいろな方法を試してみましょう。